ソフトワックスで背中脱毛

ワックス脱毛のやり方

脱毛サロンで行っているようなワックス脱毛を自分でやってみたい、そんな方には、背中の脱毛をおすすめします。ワックス脱毛は男性のヒゲ以外、ほぼすべてのムダ毛を処理できることになっており、実際サロンでは脇の下や膝下などの太い毛もつるりと抜いてくれますが、やはりプロの方とは技術が違います。目立つ毛、皮膚がやわらかい部位は失敗する確立も高く、肌を傷めるリスクもありますから、できれば避けた方が無難です。

背中は産毛が密生していることが多く、そのせいで肌がくすんで見えがちです。しかし処理範囲が広くなるため、除毛クリームや脱毛器で処理するのは少し大変な部位でもあります。ワックスは塗って剥がすだけですから、広範囲を処理するのに適した方法です。そして基本的に産毛の脱毛になりますから、失敗のリスクも少ないです。背中は、ワックス脱毛を行うのに何かとちょうどよい部位であるといえるでしょう。

脱毛を行う場合は家族や友人、パートナーの方などに手伝ってもらってください。まず、汗や皮脂が肌に残っているとワックスがうまくなじまないため、前もって軽く体を洗い、水気を拭き取っておきます。最近、脱毛サロンでは砂糖やハチミツを主原料にした自然派のソフトワックスが人気ですが、これは通販などで簡単に手に入ります。使う直前にワックスのふたを開け、電子レンジか湯せんでやわらかく溶かします。毛の流れに沿ってへらでワックスを塗っていきます。

ソフトワックスはハードワックスのように固まってしまうことはありません。塗り終えたら 待たずにすぐ剥がしても大丈夫です。布をワックス面に押し付けて充分に粘着させ、今度は毛の流れに逆らう方向に一気に剥がします。毛が残ってしまったらもう一度同じようにして処理してもよいのですが、ムダ毛と一緒に、皮膚の角質もある程度剥がれるので、何度も繰り返さない方がよいでしょう。

背中に残ったワックスは、お湯で簡単に洗い流すことができます。肌が敏感な方は角質層が剥がれることで、痛みや肌荒れなどが起きるリスクもあります。肌に薄くベビーパウダーを塗っておくと、粘着力が低下するので肌への負担を抑えることができます。産毛を除去して背中の肌色を明るくしてみましょう。

 

サイトマップ